広島主婦の自己破産体験ブログ

私の自己破産体験日記。自己破産・債務整理・過払い請求・消費者金融・ヤミ金融などの情報をきちんと身につけて…借金ゼロ、再出発を目指しましょう。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


任意整理の手順④

[借金が返せない時は…?]任意整理について ] 2008/01/13(日)

弁護士事務所で委任契約・着手金の支払い

弁護士に債務整理を委任すると、弁護士から債権者各社に「受任通知」が送られ、各社からの電話や郵便による「取り立て行為」はなくなります。それでも電話をしてくる業者は違法ですから、「弁護士に委任した」と言って弁護士の名前や連絡先などを伝え、すぐに電話を切りましょう。そしてすぐに弁護士に報告を。


正式委任前でも、債務整理をすることを決めたら、返済はストップして構いません。返済する分を弁護士費用に回した方が賢明です。受任通知が届くまでは、督促の電話等が来ますが、「債務整理をすることにしました。数日以内に弁護士の受任通知が届きます。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」と言って、謝りましょう。多少イヤミを言われる場合もありますが、迷惑をかけるのは事実なのですから、それぐらいはガマンしましょう。

着手金は、任意整理の場合は借入社数×2万円+消費税・諸経費です。


弁護士費用の分割払いに応じてくれる弁護士も多いです。
(東京のクレ・サラ相談窓口では原則、分割払いに応じる申合せをしているそうです)

受任通知は着手金の一部を払えば発送してもらえます。ただし、各社との具体的な交渉は全額支払い終えてからになります。

ブログサイトを見る⇒ 
広島サイトを見る⇒
19:16 | トラックバック(*) | コメント:0 | 先頭 | TOP




コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

スポンサード リンク

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。