FC2ブログ

広島主婦の自己破産体験ブログ

私の自己破産体験日記。自己破産・債務整理・過払い請求・消費者金融・ヤミ金融などの情報をきちんと身につけて…借金ゼロ、再出発を目指しましょう。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


少額訴訟というもの起こされた場合は?

[借金知識]悪質トラブル対処方法 ] 2008/02/11(月)


不服であれば異議の申立てができる

少額訴訟制度とは60万円以下の金銭債権の支払を請求する訴訟です。
裁判は簡易裁判所で行い、原則的に一日で審理を終えて判決がでます。通常の訴訟と異なり低額な費用と迅速な結審が特徴です。
しかし利用回数制限(同一簡易裁判所に対し、年間10回まで)があるので、ほとんどの業者が少額訴訟を利用していないのが現状です。
もしも、この少額訴訟を提起された場合に注意を要することは、少額訴訟は1回の審理で判決が出てしまい控訴ができないということです。
反論したいけれど、期日までに準備が間に合わないというときは通常訴訟への移行の申立てをしましょう。
この申立てにより、少額訴訟は当然に通常訴訟手続きに移行します。
以下が少額訴訟の特徴です。

1 60万円以下の金銭の支払を求める訴えに限ります。
2 被告の申立てにより、少額訴訟から通常の訴訟手続に移ってしまうことがあります。
3 原則として一日で審理が終了し判決が出ますので、その日までに全ての証拠を準備しておく必要があります。
4 判決には支払猶予や分割払いの定めが付されることあります。
5 判決に対しては控訴することができません。
ただし、その少額訴訟をした簡易裁判所に異議の申立てはできます。

ブログサイトを見る⇒ 
広島サイトを見る⇒
23:08 | トラックバック(*) | コメント:0 | 先頭 | TOP




コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

スポンサード リンク

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。