広島主婦の自己破産体験ブログ

私の自己破産体験日記。自己破産・債務整理・過払い請求・消費者金融・ヤミ金融などの情報をきちんと身につけて…借金ゼロ、再出発を目指しましょう。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


任意整理メリット③

[借金が返せない時は…?]任意整理について ] 2007/11/19(月)

利息制限法による元金の減額

弁護士・司法書士は法律に基いて貸金業者と交渉をします。
今、日本には2つの異なった利息に関する法律があります。
ひとつは、上限が年率15~20%の「利息制限法」、もう一方は、年率29.2%の「出資法」です。

法律上、利息制限法を超えた利息は支払わなくてもよいことになっています。
そこで、弁護士・司法書士は、依頼者にとって有利な利息制限法に基づいて、それまで貸金業者が主張していた出資法での取引を全て計算し直します。
そうすると、今まで利息として支払っていたお金が元金に入っていくことになります。

ですので、取引が長ければ支払っていた期間の分だけ、必ず元金が減ります。
300万円以上の借金があると言って相談に来られた方が、弁護士が交渉したことによって100万円以下の支払いで済んだ、なんていう話は、支払っていた期間が長い場合にはよくあることなのです。

更に取引が長い場合は利息制限法で引き直し計算をすることにより残が減るのみならず、マイナスになり払い過ぎていた額の過払い金返還請求を出来る場合があります

地域情報満載
⇒FC2 ブログランキング
⇒人気blogランキングへ

16:22 | トラックバック(*) | コメント:0 | 先頭 | TOP




コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

スポンサード リンク

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。